TaeKwonDo

私たちの目指すテコンドーは

  • 自分の可能性に気づくこと
  • 心と身体をしなやか且つ強く

それを目指しサポートしていきます☆

武道であり、そしてオリンピック競技にも認定されているスポーツであるテコンドーは、
韓国発祥の武道で、主に足技を使った格闘技として知られています。

テコンドーの蹴りは、とても綺麗で華麗で多才な蹴りができます。

テコンドーは大きく分けてキョルギ、プンセ、デモンストレーションの3つがあります。

SEVEN SPICEのテコンドーでは、みなさんの目的に応じたクラス内容を行っていきます。

  • ミットを蹴って
    ストレス発散
  • 体を動かして
    楽しみたい
  • 武道としての
    礼義や精神を学ぶ
  • フィットネス
    として身体を作る
  • 試合出場の
    ための競技
  • 華麗な足技や
    ステップを磨く

など、あらゆるニーズに応えていきたいと思います。

SEVEN SPICEテコンドーで使う用語

テコンドーは韓国の国技であり、試合や練習で韓国語を使います。
この機会にぜひ一緒に覚えませんか?
練習を通して自然に韓国語が身につきます。

始まりなど

読み方 意味 表記
チャリョ 気をつけ 차려
キョ 경례
ジュ 準備 준비
シイジャッ 始め 시작
パロ 直れ 바로
クマ 止め 그만
シウォッ 休め 쉬어
リョ 別れ 갈려
ケィソッ 継続 계속
チョ
キョ 警告 경고
チョ 減点 감점

基本

キョルギ 競技(組手) 겨루기
品勢(型) 품새
上段(顔) 얼굴
中段(胴) 몽통
アレ 下段(下) 아래
防御
マッキ 受け 막기
チャ 掴み 잡기
攻撃
チルギ パンチ 지르기
チギ 打ち 치기
チルギ 突き 찌르기
ジュモ 正拳 주먹
トゥンジュモ 裏拳 등주먹
チャギ 足蹴り 발차기
部位
ソン
手刀 손날
パッタ 手のひらの付け根
(掌底)
바탕손
手首 팔목
팔굽
アッチュ つま先の付け根 앞축
ティッチュ 踵(かかと)の足底部 뒷축
ティックム 踵(かかと)の足首側 뒤꿈치
足刀 발날
パダ 足底 발바닥
トゥ 足背 발등
チョンガリ 脛(すね) 정강이
ムル 무릎

数字

意味 数え数字 漢数字
1 하나(ハナ) 일(イ
2 둘(トゥ 이(イー)
3 셋(セッ) 삼(サン
4 넷(ネッ) 사(サー)
5 다섯(タソッ) 오(オー)
6 여섯(ヨソッ) 육(ユッ
7 일곱(イゴッ 칠(チ
8 여덟(ヨド 팔(パ
9 아홉(アホッ 구(クー)
10 열(ヨ 십(シッ

蹴りの名前

読み方 意味 表記
アッチャギ 前蹴り 앞차기
リョチャギ 回し蹴り 돌려차기
ヨッチャギ 横蹴り 옆차기
ネリョチャギ かかと落とし 내려차기
チゴチャギ かかと落とし 찍어차기
ターン 回転蹴り 턴차기
ティッチャギ 後ろ蹴り 뒤차기
ティッフリギ 後ろ回し蹴り 뒤후리기
ミロチャギ 押し蹴り 밀어차기
ヤンバ/ダブル 両足蹴り/ハサミ蹴り 양발

テコンドー プンセ基礎

手の動き

アレマキ 下段受け 아래막기
モントンマキ 中段受け 몽통막기
マキ 上段受け 얼굴막기
マキ 手刀受け 손날막기
ハンソマキ 片手刀受け 한손날막기
モッチギ 手刀首打ち 손날목치기
トゥンジュモチギ 裏拳打ち 등주먹치기
パッカンマキ 外受け 바깥막기
カウィマキ はさみ受け 가위막기
チェビプチギ ツバメ首突き 제비품목치기

足の動き

モアソギ 《チャリョの姿勢》始まりの気をつけの足 모아서기
ナラニソギ 《ジュンビの姿勢》横に足1個分開く 나라니서기
チュチュソギ 騎馬立ち 横に足2個分開く 주춤서기
アッソギ 前立ち 前後に足を1個分開く 앞서기
アックビ 前足曲げ立ち 前後に足を2個分開き前足曲げる 앞구비
ティックビ 後ろ足曲げ立ち 뒷구비
コアソギ 交差立ち 꼬아서기
オルンソギ 右立ち 오른서기
ウェンソギ 左立ち 왼서기

有級プンセ

テグジャン 大極1章 태극1장
テグイージャン 大極2章 태극2장
テグジャン 大極3章 태극3장
テグサージャン 大極4章 태극4장
テグオージャン 大極5章 태극5장
テグジャン 大極6章 태극6장
テグジャン 大極7章 태극7장
テグジャン 大極8章 태극8장

有段プンセ

コリョ 高麗 고려
ガン 金剛 금강
テベ 太白 태백
ピョンウォン 平原 평원
チン 十進 십진
ジテ 地跆 지태
チョンゴン 天拳 춴권
ハンス 漢水 한수
リョ 一如 일려